『卸売業のマーケティング施策』イベントレポート

同志社大学商学部マーケティングゼミ所属の学生に向けて、株式会社名畑の河崎氏、株式会社京都医療設計の冨永氏が「卸売業のマーケティング施策」と題し、講演を実施しました。

今回の講師

caerson_do-1_r1_c3
登壇企業:株式会社名畑
講演者:河崎 氏

今回の講師

caerson_do-1_r2_c5
登壇企業:株式会社京都医療設計
講演者:冨永 氏

vol.2当日のプログラム

1. 会社紹介

2.自社で実施しているマーケティング施策について
caerson_do-1_r3_c7

caerson_do-1_r7_c1

section1会社紹介

業界全体の枠組、その中での自社の立ち位置、特徴などを丁寧に説明し、学生からも質問が飛び交いました。

caerson_do-1_r11_c11

また自社のこと以外にも業界自体の詳細などお話があり、学生からは「業界自体にも関心度がUPした」という感想もあり、業界自体の活性化にも繋がりました。

caerson_do-1_r14_c12

voice受講学生の声

勉強になるお話が多く、業界について興味が沸きました。

普段、医療機器を扱う企業や商社の社員さんと話させていただく機会も、業界について伺う機会もありませんでしたので、勉強になるお話が多かったです。

とてもやりがいに繋がりそうだと感じました。

人命という責任の大きな仕事に携わることを考えたことがなかったので、新しい技術をもって人の役に立つことが実感できるのは、とてもやりがいに繋がりそうだと感じました。

会社の魅力・環境が伝わりました。

自社の付加価値の魅力など、熱く語っていただいて、1つ1つの言葉で会社の環境が浮かび上がり、そのような環境に興味を持ちました。

幅広い活動に非常に興味を持ちました。

単なる食品における卸売だけでなく、不動産業やデザイン・新規事業などのサポートまで幅広い活動に非常に興味を持ちました。

section2自社で実施しているマーケティング施策

caerson_do-1_r11_c2

各社が実際に行っているマーケティング施策について、学生向けに図や資料、身近な例え話を使い、分かりやすい説明をすることで、とても満足度の高いものとなりました。

caerson_do-1_r8_c10

voice受講学生の声

マーケティングの新しい視点が見つかりました。

飲食業界の不動産からデザイン、食品やお酒の納品までを全て行っている業者さんがおられることを初めて知りました。不動産に関するお話で退去側・出店側にメリットがあるのは新しい視点でした。

様々なビジネスモデルがあり興味深かった。

1つの部門に限らず、様々な部門でサポートしていくことにより、単純な価格競争ではない付加価値を生み出すというビジネスモデルが新しい発想で興味深かった。

voice参加企業の声

学生間での話し合いがされたりと他ではないイベントでした。

ゼミ内ということもあり、まわりが身内であることから、たくさんの質問が出たり、学生間での話し合いがされたりと他ではないイベントとなりました。またこういう機会があれば参加したいと思います。

学生の空気がリラックスしており、雰囲気が掴みやすい場でした。

ゼミ単位での開催のため、雰囲気が掴みやすい場でした。また先生もイベントには参加してくださるため、学生の空気がリラックスしており、こちらの話したい内容が伝わりやすい結果となりました。

お気軽にお問い合わせください。06-6147-5481受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら