『企業現場から見る異文化コミュニケーションの重要性』イベントレポート

関西大学総合情報学部ゼミの学生に向けて、ロングライフホールディング株式会社の鈴木さんが「企業現場から見る異文化コミュニケーションの重要性」と題し、講演をしてくださいました。

今回の講師

09-300x300
講演内容:企業現場から見る異文化コミュニケーションの重要性
登壇企業:ロングライフホールディング株式会社
講演者:同社採用担当 鈴木亜紀子 氏

vol.1当日のプログラム

1. 会社紹介
(1)ロングライフホールディング株式会社とは
(2)ロングライフ国際事業投資株式会社とは
2.国際事業と異文化コミュニケーション
(1)各国での取り組み
(2)インタビュー動画
3.新卒採用、インターンシップについて

section1会社紹介

(1)ロングライフホールディング株式会社とは
ロングライフホールディング株式会社とは、全体で8つの会社から構成されるロングライフグループの管理部門を担っている会社で、グループ全体でケアサービス事業を展開しています。

careson_%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88-1_r1_c11

(2)ロングライフ国際事業投資株式会社とは
ロングライフグループでは、海外の大手の企業とタッグを組んで、ロングライフがこれまで培ってきたケアのノウハウを海外に提供しています。

careson_%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88-1_r2_c2

section2国際事業と異文化コミュニケーション

ロングライフグループの国際事業として、インドネシア・韓国・中国での事例をご紹介いたします。

(1)各国での取り組み
ロングライフ国際事業投資株式会社では、現在中国やインドネシアなどで現地の企業と提携し、ロングライフがこれまで培ってきたノウハウを提供しています。

中国では朝礼を実施する文化がなかったのですが、日本では質の高いサービスを提供するために朝礼を実施していたので、同じように中国でも朝礼を実施するようにしました。

careson_%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88-1_r30_c2

インドネシアでは、100万人の高齢者が住む街を100個作るプロジェクトを展開しています。様々な国で高齢化が進んでいるので、どうやって高齢化を乗り切るかを日本を参考にしています。

3fe8f87115adfa82a15118f725b738ea

写真は日本式の名刺交換の練習風景です。このように、日本の文化も一緒に紹介しています。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8911_700
写真の右側の男性がマネージャーとしてインドネシアに派遣されている譲原さんです。
語学力があるわけではなく英語もインドネシア語も満足に話せませんでしたが、本人の強い希望により現地駐在が実現しました。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8912_700

韓国でも現地企業と資本業務提携を実施しロングライフグループのサービスを提供しています。

careson_%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88-1_r19_c13

careson_%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88-1_r15_c2

アジアは非常に早いペースで高齢化が進むと予想されており、今後の日本の役割はアジアの介護問題を解決することに移行していきます。

ロングライフグループは、その先がけとして海外に積極的に進出していく予定です。

careson_%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88-1_r23_c14

careson_%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88-1_r17_c1

(2)インタビュー動画

中国で初となる有料老人ホーム立ち上げメンバーである日本ロングライフ株式会社 取締役 塩嵜様に、当時の経験を語って頂きました。

section3新卒採用、インターンシップについて

careson_%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88-1_r26_c6

other質疑応答

img_2882_700
Q,富裕層向けのサービスの話が多かったが、低所得者向けのサービスはあるのか?
A,8つのグループ会社の中で、富裕層向けのサービスは2つしかなく、それ以外の会社は一般家庭向けのサービスを提供しています。サービス付き高齢者向け住宅や訪問介護サービスがあります。

careson_%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88-1_r35_c2
Q,タウンを作ることにより、タウン外の人とのコミュニケーションがなくなったりするデメリットがあるのではないか?
A,ロングライフグループの施設は、外部地域の方が通ったりできるアトリエを開いたりカフェを併設したり幼稚園を運営したり夏祭りを開いたりと、外部との接触を積極的に取り入れるようにしています。ですので、外部とのつながりやコミュニケーションをとても大切にしています。

voice受講学生の声

福祉サービスのイメージが変わりました。

あまり興味をもっていなかった業界でしたが、今回の説明会によって福祉サービスのイメージが変わりました。人とサービスの深いつながりを大切にされていることやコンサル業を学びたいと思います。

海外展開企業に興味があるので、非常に参考になった。

興味のなかった介護という分野において、すごく興味をもった。海外で将来働きたいという気持ちがあるため、海外展開のお話を聞いて、色んな分野で活躍されていると感じました。

海外展開と介護がつながって新たな発見ができた。

老人ホームと海外という言葉に今まであまりつながりを感じていませんでしたが、本日お話いただいた内容をお伺いして、新たな発見が多くありました。

今学んでいることと、社会の繋がりを知ることができました。

今自分が学んでいることが、社会の中でどのように活かされているのかを学ぶことができました。
卒業後の自分について考えるいい機会になりました。

お気軽にお問い合わせください。06-6147-5481受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら